Google
 

どんなストーリーなの?

「ベクシル」とは一体どんなストーリーなのか?

21世紀初頭。

統一安全基準のないまま事実上解禁となったバイオ技術は
人類の延命効果をもたらし、瞬く間に全世界に広まっていったらしい。

同じ頃、ロボット産業も急速に発展を遂げたらしく、
特に日本は技術・生産面で世界を大きくリードし、
あらゆる市場を独占していたらしい。

しかし、これらの技術の重大な危険性が指摘されたらしく、
国際連合は厳格な国際協定を設けたらしい。

それを不服に思った日本は直ちに国際連合を脱退するらしい。

そして、その後に日本が取った行動とは・・・

そう・・・「日本鎖国」

2067年、日本はハイテク技術を駆使した完全なる鎖国をスタートさせるらしい。
その後、日本の情勢は謎のベールに包まれたまま、10年が経過するらしい・・・


そして、2077年。
鎖国開始から10年が経った日本では何が起きているのか?

その真実を探るため、米国特殊部隊【 SWORD 】は、
10年もの間ベールに包まれてきた日本へ潜入することを決意するらしい。

その中にはファイタースーツに身を包んだ女性兵士、
ベクシルの姿もあるらしい。

隊長のレオンの指揮により、日本への潜入作戦を実行するSWORDのメンバー。

しかし、その計画は全て、日本側に察知されていたらしい。

「この10年間で君達は初めての外国人旅行者だ」

待ち構えていたのは、事実上日本を掌握している企業、
大和重鋼のサイトウという男らしい。

警備兵に取り囲まれたSWORDのメンバーは行き場を失うらしいのだが、
レオンの身を挺した行動と謎の日本人マリアの助けにより、
ベクシルは潜入に成功するらしい。

そこでベクシルが目にした東京は、
想像を遥かに越えた変貌を遂げていたらしい。

ベクシルはマリア達と行動を共にするうちに、
次第に明らかにされていく日本の姿。

ベクシルは、大和重鋼が企む全日本、

そして・・・

世界を巻き込んだ壮大な【 実験 】が進行していることに気付かされるらしい。

渦中に身を投じてしまったベクシルが取った行動とは?

日本は、そして世界は未来に希望を見出せるのか?





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。